忍者ブログ
*当記事は個人的体験談に基づく個人的見解で
*特定の対象の批評批判を目的とするものではありません
*無断転載引用は全面禁止


ずっと硝子ファイルを愛用している私ですが、
使用に際して不満はないのですが硝子ファイルの何が欠点って「割れる」事なんですよね。
そのため持ち歩きには不向きで、
出先でちょっと爪が欠けたり割れたりした時に使えるような、
ポーチに入れて持ち歩けるような物が欲しくて金属製のやすりを購入しました。



職人さんが1本1本手作りしていらっしゃる深澤やすり店さんの「江戸やすり」です。
公式のサイトが見つからずどうご紹介すれば良いのか難しいのですが、
江戸やすり職人である深澤敏夫さんは、
現在10名ほどしかいないという江戸やすり職人の中でも最高峰の方で、
あらゆる専門職の方々に向けた専門的なやすりなども製作していらっしゃいます。
『プロフェッショナル~仕事の流儀』にも出演された事がある……
というのをこの記事を書くにあたって調べていて知りました(^^;。

まず「やすり」を作るための「たがね」を作れるようになるまでに10年かかるという、
なんとも厳しい世界で後継者不足は深刻。
深澤敏夫さんご自身も高齢のために廃業を決めていらっしゃるそうです。
ただ「すぐに辞めてしまうとやすりを使用してる人達に迷惑がかかる」との事で、
長年愛用されている専門職の方々などが代わりの道具を探す時間があるよう、
徐々に辞めていけるように身辺を整理なさっているとか。



短い方(上の写真左)はポーチに入るミニサイズ、
長い方(上の写真右)は標準的な爪やすりとして使いやすい長さがあります。
どうせなら両方欲しいと思って長短セットの物を購入しました。
1本ずつ銘が入っています。
一般的な市販品に比べてちょっと無骨な仕上がりが、
純粋に「道具」として作られているのだという事を感じたり(´ω`)。

一般的に金属ファイルというのは、
目が粗く、素材が硬いため爪を削る時の衝撃を吸収する弾力がないので、
通常のエメリーボードに比べて爪に負担がかかりやすい、と通説があるのですが、
この「江戸やすり」は本体が薄く、軽く、そして目がとても細かいです。



↑こちらが表。



↑こちらが裏。

短い方は表裏どちらも同じように見えますが、
長い方は表が粗削り用、裏が仕上げ用になっています。

肝心な使用感は使用方法や爪の状態にもよるので一概には言えませんが、
ストレスなくするする非常に細かい粒子で削れて、
金属製やすりっぽいガリガリとした強い衝撃はほとんどありません。
仕上げ用に至っては「本当に削れるの?」と思ってしまうほど凹凸を感じないのですが、
ちょっとした引っかかりをきちんと拾って削ってくれているようです。
目詰まりもせず使用後はティッシュで拭っただけでほぼ綺麗になりました。

まだ数回使っただけなので、
継続して使用していくとまた違った感想も出てくるかも知れませんが、
これを1本ずつ手作業で作ってるのかと思うと頭が下がるばかりの品でした。
前述のような状況なので今後どのくらい製作されるのか分かりませんが、
私が購入したショップでは現在、
「只今、お届け迄3ヶ月~4ヶ月程かかります」という表示になっていました。
という事は、少なくともまだ追加製作はされるのかな?

ネイルアートも長く続けていると購入するブランドなどが固定化されてきて、
なかなか「ネイルアート用」としての市販品以外の物を手に取る機会が少ないのですが、
こうした職人技の光る品に出会えたのはとても嬉しいです。
もちろん硝子ファイルも好きなので、
これからは状況に合わせて使い分けていきたいと思っています(^^)。
*当記事は個人的体験談に基づく個人的見解です
*特定の対象の批評批判を目的とするものではありません
*無断転載引用は全面禁止


先日の「硝子ファイル」のついでに写真を撮ったので、
今回はピンセットの話です。
私がネイルアートをするにあたって1番使う大事な道具です(´ω`)。

まず「ピンセット」と「ツイーザー」という呼び方なのですが、
私がネイルアートを始めた本当に初期の頃に、
「ピンセットの中で先端が細いものをツイーザーと呼ぶ」という説明を見掛けて、
しばらくそれを信じていたのですが調べてみてもそれらしい情報はなく。。。

「ピンセット(pincet)」がオランダ語で、
「ツイーザー(Tweezers)」が英語という違いだけのようです。

日本語のカタカナ語としてどういう意味合いが付与されているかについては、
言葉を使用する状況などが関わってくるので分かりませんが、
辞書に載っている以上の意味については月日の流れによって変化があるのかも知れません。

さて、そんなピンセットですが、
先細の物なら一見どれでもあまり違いがないように思えますが、
用途に合わせてちゃんと選んだ良い部分もあるんだよ! という事を、
私の実体験を交えて書いていこうと思います。

ご興味のある方は「追記」からどうぞー。

*当記事は個人的体験談に基づく個人的見解です
*特定の対象の批評批判を目的とするものではありません
*無断転載引用は全面禁止


久しぶりにネイル用品の記事を。
以前からずっと書こうかと思ってたんですがこういうのってなんだか切っ掛けがなくて(^^;。

私がネイルアートを始めたかなり初期の頃から、
自爪のファイリングには「硝子ファイル」を使っています。

多分、最初に買ったファイルは金属ファイルで、
その後「金属ファイルは自爪にはあまり良くない」という知識を得て、
しばらく普通のエメリーボードみたいなのを使ってました。
その後、硝子ファイルを使い始めるのですが、
その理由は「硝子製品が好きだから」という非常に個人的なものでしたw

一応、各ファイルの長所短所はこんな感じ?
私の大雑把な印象なので情報の真偽についてはご自身で確認してくださいw

 □ 金属ファイル
 長所:洗って繰り返し使える。
    丈夫で扱いが楽。
 短所:目が粗く柔軟性がないので削った衝撃が爪に伝わりやすい。

 □ 紙製ファイル(エメリーボード)
 長所:目が細かく柔軟性があるので削った衝撃が爪に伝わりにくい。
    販売数・種類が多く価格が安い。
 短所:消耗品なので定期的に買い換える必要がある。

 □ 硝子ファイル
 長所:洗って繰り返し使える。
    目が細かく力を入れずに削れるので削った時の衝撃が少ない。
 短所:目が詰まりやすく、目が詰まると黒板を引っ掻くような嫌な音がする。
    割れる。

各種それぞれ例外はもちろんあります。
金属ファイルは扱いを間違えると錆びる可能性がありますし、
金属ファイルや硝子ファイルも長期使用でファイル面が削れてしまう製品もあります。
それはそれぞれの製品によって違うので各自要注意、という事で。

で、私はかれこれ10年ほど(もっとかな…;)硝子ファイルを気に入って使っているのですが、
当記事はその変遷と雑感です。(やっと主題に辿り着いた)

かなり個人的な話になりますが、
一応、硝子ファイルを選ぶ際のこだわりなどもあるのでその辺交えて書いていこうと思います。
ご興味のある方は「追記」からご覧くださいませ。
*当記事は個人的体験談に基づく個人的見解です
*特定の対象の批評批判を目的とするものではありません
*無断転載引用は全面禁止


今回はトップコートの所謂「デカボトル」について、という事で。
決して更新するネタがない訳では(ry
すみません、ちょっと自爪塗る余裕がなかったので間繋ぎに(^^;。

先日ポリッシュを購入した際にOPIのトップコートのデカボトルを購入したので、
普段使ってるSecheと比べてみました。
容器が面白かったのでとりあえずネタにしようとTwitterには写真載せましたが(笑)。
デカボトルの使用感などもたまに話題に上るので、
ちょっとまとめてみようと思います。
ご購入を考える際の参考にでもなれば幸いです。

という事で、ご興味のある方は「追記」よりご覧くださいませ。


HOME
About this BLOG
Author:桔菜子
独学自己流の自爪ポリッシュ派。
ネイルチップも作ってます。
コメント歓迎。リンクフリー。
オフレポは参加者限定公開。
その他詳細は以下をご覧下さい。
初めましての方へ
使用素材について
コメント蘭の動作環境について
since:2008.04.15 *
Recent Comments
Search
Archives

Message
Powered by NINJA TOOLS
*入力必須。
非公開簡易メッセージ用。
返信させて頂く場合は こちらで。
Other
*Twitter
@nanairohoney
非公開設定内輪用。
・ブログで交流のある方
・私からフォローさせて頂いた方
以外の方からのフォローは、
受け付けてません。
詳細はこちらをご覧ください。

*診断@Twitter
ツイッター診断メーカーで、
ネイルアート診断を作ってみました。
診断結果はお遊びです。
常時試運転中。
→[ネイルアートったー

*クリック募金
クリックで救える命がある。
白詰 * sirotume
ネイルチップの販売をしています。
都内近郊のイベントを中心に活動中。
身近なアクセサリーとして、
気軽に使って頂ける物を目指して、
様々な素材を組み合わせて、
1枚ずつ丁寧に制作をしています。
Information
■常設委託

chambrette 〜ちいさなへや〜

〒152-0031
東京都目黒区中根1-9-1-103
03-3725-3467
12時〜18時
月曜定休
*都立大学駅徒歩3分
Blog

RSS Feed Widget
Twitter
Facebook
Copyright ©   七色蜂蜜   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]

PR